2015年

9月

14日

大網白里市で『介護保険リフォーム』といえば・・

当社では現在、100万円のリフォーム補助金の工事中です。

1件のリフォーム工事を行い、100万円の補助金です。





それはそれは・・書類作成もハンパじゃないです!!笑







でも、、
もっと身近で

もっと活用できる補助金がこちら





【介護保険を活用した住宅改修】です。

殆どの方がご存知だと思います。





要介護認定を受けているかたなら
1件(居住)につき18万円の補助金が出るんです。

しかも、これは小分けで活用できる補助金です。

例えば・・


玄関に手すりを2カ所設置 = 3万円 だった。
廊下にも手摺を設置     = 2万円 だった。


工事費5万円で自己負担は1割なので

実際に支払う金額は5000円ということになります。
(消費税は別途支払います)





18万円のうち、45000円を使ったために

残り135000円
となりました。





生きているうちであれば、この135000円を活用し
バリアフリー改修を行えるのです。





例えば・・
50万円の工事(床貼り換えやスロープ工事など)を行った場合
1回で18万円を活用します。


それでも32万円は払わなくてはなりません。






しかし、、

一般的には、50万円を支払ってから、
工事終了後に手続きを行い・・



その後に指定口座へ18万円が振り込まれます。








でも、この先行負担をなくすことも可能。

つまり、32万円の支払いで済むのです。





それが『受領委任払い』です。

これは、登録している施工業者が工事終了の時に支払を行います。
もちろん、手続き後には業者の口座へ振り込まれます。



これで被保険者の方は負担がぐっと少なくなります。





当社は当然、受領委任払いの登録業者です^^

住宅改修・バリアフリー工事

ぜひご相談ください!!