2016年

4月

15日

『剥げた部分は塗装ではなくこちら!!』

 

 

屋根の三角部分。この正面にあるこげ茶色の塗装が剥げている部位を

 

『破風板』といいます。

 

破風=ハフです。

 

 

ここは昔、木に塗装するのが主流でしたが

現在では外壁材と同等か、板金などが用いられます。

 

 

 

 

 

リフォームの場合、、

もともとが木で剥げていたりすると、板金で覆うことがポピュラーです。

 

 

 

 

 

今回、ご予算に合わせると板金での回収は難しかったので

こちらをご提案させていただきました。

 

 

 

 

 

 

『ケイカル板』の増し張りです。

 

もちろん、、

腐っている木部は新しい部材へと変更してからの

ケイカル板の増し張り(上張り)です。

 

 

 

ケイカル板に塗装を施すことで

木に塗装するよりも耐久性は上がります。

また防火性が高まる事もメリットです。

 

 

出来れば、、

外壁材と同等の防火ハフを施工することが望ましいです。

 

 

 

 

今回は、こちらの内容にてせこうして

最終的に塗装仕上げとなります。

 

 

 

 

当社では満点に近いプランをご提案させていただきます。

その後、お客様のご要望に近づけたプランをいくつか

御提案することで、ご予算に近づけていきます。

 

 

 

逆を言えば、、

 

あとからオプションで増えていく事は

まずありません。

 

 

 

 

 

建築に明るいからご提案できる幅もあります。と自信を持って言えるポイントです^^

 

 

 

 

 

 

最初に『どこに相談するか?』は本当に大切だと思います。

 

お悩みの案件在りましたら

お気軽にご相談くださいね^^

 

 

新原でした。