2016年

11月

22日

間違いだらけの家つくり

 

『全ては現場で起きている』

 

普通に考えると、家を設計するのは建築士です。

なぜ、建築士が家を設計するのに雨漏りが発生したり欠陥住宅などが発生しているのか?

 

 

それは工事現場での判断がほとんどだからです。

 

 

 

改めまして、建築士&元大工棟梁 新原です。

 

 

 

僕の場合、ゼネコンで現場監督を経験してから大工棟梁になりました。

建築士試験に合格したのは大工見習い中です。

 

 

 

机上の上では管理できないのが家つくり。

 

 

設計士が設計して、実際に現場では納まらない(図面通りにいかない)こともあります。

詳細な部分などの指摘が無く、現場の職人さん任せになることも多々あります。

 

 

 

職人さんの技術、知識は千差万別。

 

 

僕が職人時代、常に意識していたのは【自分がお客様だったらどうだろうか?】でした。

ちょっと面倒でも『ま、、いっか』なんてことが無くなります。

ほんの一手間が何十年も影響するのが家つくり。

 

 

 

 

『工務店』とは、工事も行い、工事を管理しながら家を守る立場です。

さらに設計にも携わり、工事後のアフターフォローも行います。

 

 

 

家つくり、リフォームで一番重要なのは設計以上に現場管理です。

 

当社では工事管理が出来なくなるほどの受注は行わず

仮にお話を頂いた場合でも待っていただくようになります。

 

本当はすぐにでも工事したいのですが、それが質を落とす要因になるならば避けるべき。

 

 

 

業界に長くいればいるほど・・

見たくない(手抜き工事など)場面に出合います。

同じ技術を売るものとして悲しくなってきます。

 

 

 

 

『全ては現場で起きている!』でした^^