2016年

12月

12日

オシャレ物置 組み立て

あすみが丘のOBのお客様からご依頼いただきまして

物置を組み立ててまいりました。

 

もともとログハウス調の物置があったのですが

経年劣化が進み腐ってしまいました。

 

それを解体し、更地にしたあとに当社にてコンクリート土間を打設。

 

 

 

施主様支給の輸入物置を組み立てます。

 

 

 

写真では、物置の床がを設置した状態です。

 

 

【FUSION 757】という樹脂製の物置です。

木やスチールと違い、樹脂は耐久性が高いことから

当社でも樹脂サイディングを推奨しています。

 

 

 

 

説明書は当然ながら英語表記・・

 

大工さんも悩みます^^;

 

 

 

切断しりする作業は一切ない、組み立て式ですが難しいです。

 

 

 

思った以上にしっかりしてます^^

 

でも、、

さすがは欧米製です。かなりアバウトな納まりになってます。

調整のしようがないのでどうにもなりません。

 

 

 

雰囲気はいいですね~。

コンクリートもジャストサイズです。

 

 

 

小屋の内部で、コンクリートにアンカーを打ち込み床を固定しています。

でも不安は残るので外部のコンクリートにアンカーを打ち込み

ロープで固定しました。

 

 

 

屋根も樹脂製で2枚に分割できる大きなパネルです。

作りは本当に簡易的です。

 

窓もついてますが開きません。

 

 

 

今回、このキットを組み立てるのに二人で約1日。

 

普段は自分たちで加工しながら作るので、ピシャリ!と納まりますが

出来合いの物はそうもいきませんね。

 

特に海外製品なので

 

機能性よりも、見た目重視なのが解ります。

 

 

 

OBのお客様からのご依頼でしたので、当社もチャレンジしてみました。

次回はもう少し早くできると思います^^

 

 

 

次回があるかどうかは・・・笑