2016年

12月

15日

サーフタウン一宮 ウッドデッキ工事

 

ホームページよりお問い合わせいただいたH様。

 

新築住宅にウッドデッキをということで、アイアンウッド ウリンにて工事中です。

随所に当社こだわりの施工技術が盛り込まれています。

 

 

 

デッキ材の隙間は、デッキそのものの印象を変えてしまうほど重要です。

当社ではこの隙間を1㎜単位で調整しながら施工します。

 

もちろん、、

 

お客様が見てもわからない部分ですが、全体のクオリティを上げるためには

絶対に必要なこだわりなのです^^

 

 

 

整然と立ち並ぶ『束』ですが、コンクリート面は実は凸凹です。

そのために、機械でスパッと平らに切っても

いざ束を置いてみるとガタガタなんですよ。

 

その対処法として、1本、1本、垂直を見ながらコンクリート面に接する部分を斜めに加工して、さらに凸凹も削っていくんですね。

 

もちろん、、

 

お客様が見てもわからない部分です。

 

 

これらのこだわりが凝縮されて、当社のウッドデッキは出来上がっています。

 

 

ここまでウッドデッキ施工に拘るところは無いと言い切れますね。

工務店ならではの工夫と技術力です。