社長ブログ

Blog

イメージを"完全再現"する家づくり

2019.10.16

僕らがお客様に伝えられることは「住んでからのイメージ」だけです。
完成していない空間を、完成前にしっかり伝えないといけません。

当たり前のことです。


例えば、キッチン、トイレ、お風呂などのリフォームであれば、メーカーのショールームで完成してる『商品』を確認できます。
しかし、僕らが提供するものは商品ではなく『作品』です。

例えリフォームでもリノベーションでも注文住宅でも。


だから完成イメージを伝えることに力をしれています。

半年以上に渡りリノベーションしてきた案件、これも完成イメージを元にお客様に『住んでからの生活』を伝えました。

cg .jpgこれだけ作りこんでプレゼンします。実際には、このような画像だけではなく
家中を歩き回れる『ウォークスルー』という機能を使ってプレゼンを展開します。

照明の具合、カウンターの高さ、窓の大きさ、、
きちんと緯度を入力すれば、実際に建築する場所での日射状況(春夏秋冬、時間帯)まで確認できます。



そして、、上のCGイメージが完成するとこうなりました。

P1010386.JPGP1010383.JPGP1010394.JPGP1010396.JPG実際、この空間を体感したお施主様は『CGのイメージよりも全然いい!!』と言ってくれました。

イメージはあくまでも完成予想図ですが、イメージ以上でないと意味がないです。
それでもCGイメージ細部まで作りこむことで、実際には完成していない空間も

かなりリアルな感じで体感できるはずです。




これから時代は進化して、もっともっとリアルを体感できるようになるはずです。
モデルハウスが必要なくなる!?そんな時代が来るかもしれませんね。